映画が描く「殺されても逃げたい国・北朝鮮」拉致被害者家族と語る

令和3年5月23日、特定失踪者問題調査会(荒木和博代表)」と救う会福岡(藤井守人代表)は共催により「北朝鮮人権シネマフォーラムin福岡」を開催しました。当初は公共施設にて映画上映会とパネルディスカッションを実施する予定でしたが、福岡県の緊急事態宣言により施設利用が不可となり、急遽別会場を準備してのオンライン配信…

福岡県知事候補者に要請文を提出

令和3年3月31日、救う会福岡は福岡県知事選挙(4月11日投開票)の立候補者に対し、以下の要請文を提出しましたのでお知らせします。回答期限は4月10日正午としており、回答…

街頭署名活動の再開について

救う会福岡は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言発出を受け、この期間中、街頭署名活動を含む一切の対外活動を自粛しておりましたが、6月13日(土)14時より再開す…

拉致被害者を救うために、あなたにもできることがある。

救う会福岡は支援者を求めています。年額1500円からご入会いただけます。
北朝鮮に拉致され帰ることができない日本国民のために、あなたの力を貸してください。

入会案内