ブルーリボンバッジをイラストで揶揄 降旗聡議員が口頭で謝罪

埼玉・吉川市議会会派「市民の会・無所属」が作成した議会報告ビラにおいて、「お金をばら撒く政治家」のイラストに拉致被害者救出を願うブルーリボンバッジが書き込まれていた問題で、会派代表の降旗聡議員が救う会福岡関係者に口頭で謝罪した。問題の議会報告ビラは「市民の会・無所属」の会報誌で、「H30年12月議会報告」と題さ…

拉致被害者を救うために、あなたにもできることがある。

救う会福岡は支援者を求めています。年額1500円からご入会いただけます。
北朝鮮に拉致され帰ることができない日本国民のために、あなたの力を貸してください。

入会案内