拉致被害者・蓮池薫さん「日本が独自に動くしかない」

令和3年4月11日、帰国した拉致被害者のお一人である蓮池薫さんが福岡市内で講演されました。その内容を一部レポートにまとめましたので、抜粋して紹介します。(文責・本山貴春)拉致の目的は何だったのか北朝鮮は1970年代後半から日本人を含む外国人の拉致を積極的に行うようになった。それは金正日が権力を握…

拉致被害者を救うために、あなたにもできることがある。

救う会福岡は支援者を求めています。年額1500円からご入会いただけます。
北朝鮮に拉致され帰ることができない日本国民のために、あなたの力を貸してください。

入会案内