拉致被害者家族・飯塚耕一郎さんが福岡・朝倉市で講演「母を知らず悔しい」

  1. 救出運動

令和元年11月2日、福岡県朝倉市において「拉致問題を考えるみんなの集い」(福岡県・朝倉市主催)が開催され、市民ら約100名が集まりました。

講演に立った飯塚耕一郎さん(拉致被害者・田口八重子さんの息子)は、「自分は大人になるまで母が拉致被害者であることを知らなかったので、北朝鮮向けラジオ放送でも感情を込めた訴えかけができない。そのことが悔しい」と複雑な心境を明かしました。

田口八重子さんが拉致されたのは、耕一郎さんがわずか1歳の時で、21歳になるまで伯父である飯塚繁雄さんを実の親と信じていたのです。

拉致被害者家族会のメンバーは北朝鮮向け短波ラジオ放送「しおかぜ」において家族へ向けたメッセージを発信していますが、耕一郎さんは上記の理由で収録への参加を遠慮しているのだといいます。

会場では、救う会福岡の藤井守人代表も活動報告を行いました。藤井代表は、鹿児島で拉致された増元るみ子さんのお母さんの葬儀に参列した際のエピソードを紹介。葬儀には、るみ子さんの姉である平野フミ子さんが妹の写真を持って代わりに焼香したのだそうです。

その上で「拉致被害者は今も生きていて、救出を待っているんです」となどと訴えました。

救う会福岡としての協力

救う会福岡としては会場ロビーに展示された写真パネルの提供など、開催に協力致しました。

また、現地で署名活動と募金活動を実施し、約100筆の署名と10,000円の募金をお預かり致しました。ご支援いただいた皆様に深く感謝申し上げます。

(事務局)

関連記事